読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国民的年下彼氏という偶像

現在就活中である。

にもかかわらず二日続けて更新しているのは、単に暇だからでも余裕ぶっこいてるからでもなく、なんとなく病んでいるから。とりあえず、やる気がでない。

この先の自分の人生を今決めるって無理じゃない?未来の自分の為に頑張れるタイプではある(過去の自分に感謝して生きてきてるから)けど、何をどう決めればいいのかわからん。

となると、なんとなく浮上してくる案が結婚してしまうになるし、就活する女の子の大概は一度は「就活やめて婚活しようかな…」とか考えると思う。婚活の方が大変なのはとっくに痛いくらいわかってはいるけれども。

わたしは明らかに家庭に入って専業主婦になるのは向いていないとわかっているから、旦那さんの帰りをしとやかに待つよりも旦那さんにわたしの帰りを待っていてほしい。「ガール」のヒロくんの結婚したい*1と割と本気で思っている。

 

去年、おととしもサークルの関係で、それなりというか、かなり忙しい日々を送っていた。去年はまだましだったけど、おととしは本当に忙しかった。

そんな時にだいたい考えるのが、自担が家で待っていてくれないかなっていう願望(妄想とも言う)で、もしそれがなかったらわたしは多分帰り道泣きながら帰ることがもっと多かったと思う。7時に起きて、1時に帰ってくるの異常すぎる。好きだったからできたことだけど。

だいたいメンタルつらいときはおなかがすいているときか眠いときだってことを学んでからはだいぶマシになったが、移動時間がきつかったので、そこをどう乗り越えるかが大事。

その時はだいたい自担とつきあってる妄想をして乗り切っていた。そうすると半分寝ながらでも足がちゃんと前に出るよ。

 

はじめはただ自担だからっていうそれだけだったんだけど、よくよく考えてみたら、自担の彼氏力すごくない…?ってことに気が付いた。

 

そもそも、環境が悪すぎた。

A.B.C-Zというグループの年齢構成は五関様(31)戸塚くん(30)塚ちゃん(30)ふみと(29)はしもとくん(23)である。23歳。ミニマム6歳下マックス8歳下。最年少。甘やかされて当然*2のポジションにいる。

今更であるが、A.B.C-ZはもともとA.B.Cとして歳上の4人が長く続けていたグループだった。2008年、Hey!Say!JUMPのデビュー後にHey!Say!JUMPに入れなかった*3はしもとくんは、のちに戸塚くんが語るには「それまで額縁だったA.B.Cにはっしーが入って絵が完成した」(ニュアンス)となるほどのA.B.C-Zのセンターになった。

もちろん、彼自身の努力やメンバーの努力もあってこその今だ。ファンもとまどったと思う。彼の「みんなにできることがオレにできないはずがない」精神で乗り越えてきたからこそ今のA.B.C-Zがある。もとをただせばおねえ*4に鍛えられた橋本くんの精神性が根底にはある気がする。

もともと彼自身の性質も、負けず嫌い/人の懐に入るのが上手い*5/気分の浮き沈みが激しい*6/頭が弱い*7などなど枚挙にいとまがないほど、最年少としての愛され力は高い。

しかも、当時はっしーは料理好きを公言していた。部屋のリメイクを自分でするということもさまざまな媒体で公言していた。つまり、生活感のある情報が非常に多かった。

これは妄想しろってことかな?

というレベルだったので、お言葉に甘えて妄想していた。

 

1. 家パターン

これは帰りの夜道で考えるパターン。早く家に帰りたいけど、家に帰ってもろくなことがない現実から逃避するため。

同棲か半同棲してる設定が多かった。その場合のはしもとくんがアイドルであったかどうかは記憶にないが、多分アイドルだったと思う。

その中でははしもとくんは全く忙しくない(オイ)アイドルだったので、基本的には18時くらいには帰宅している設定だった。わたしはだいたい23時~1時頃に帰宅することが多かったので、それを待っている。(あくまで私の中での設定。)

当時、本当に毎日忙しくて、帰宅してからも作業をすることが多く、部屋が散らかり放題だった。ので、家事は全部お任せしたい。

はしもとくんは部屋をリメイクしたりするほどこだわりがあるので、掃除なんかは完璧にやってくれる。床に座るのを汚いと言うくらいだから完璧なはず。

料理もYouTubeを見ながら勉強している。ここの年下彼氏感すごくない?ポイント高くない?イマドキ感がものすごくて、リアリティーがあって最高。なのでもちろん作っておいてくれる。得意料理はオムライスと餃子っていうところも最高。

イメージとしては君はペットのモモ(松潤)が近い。というかほぼアレ。大型わんこ。

玄関開けたとたんに、「おかえり~!今日も遅かったね…待ってたんだよ…」「カバンかして!もってあげる!」「ごはん作ったんだけど食べるよね?オレがんばったんだよ?」「あ、それとも先にお風呂入っちゃう?」「眠い?疲れてる?はい!ここ座って!」ってはじまってほしい。

作業してる横で「寝ないの?早く寝た方がいいよ…」「最近全然かまってくれないじゃん…」*8「一緒に寝よ?」とか言われたい。

お風呂上り*9はソファでいちゃいちゃしながら映画とか見て、はしもとくんに作ってもらったココア飲みたい。

不思議と家で朝パターンはない。朝起きたら戦闘開始だから妄想してる暇ない。

 

2. デートパターン

これは行きの電車とかで妄想するパターン。このままどこかへ行ってしまいたいという願望に基づいていた。

はしもとくんとのデートは、向こうが全部やってくれて楽そうという割とひどい設定で話が進んでいた。当時の忙しさがよくわかる設定。

だいたいドライブデートで、家まで迎えに来てもらって、江の島とか鎌倉とかの海岸沿いを走っていた。なので、わたしはただ座席に座って、窓の外を眺めながら、はしもとくんがBGMでかかっているジャニーズソングを口ずさむのを聞くだけという、当時の忙しさがよくわかる内容になっていた。

車内BGMは夏うたが多いイメージ。KinKi Kidsの「ジェットコースター・ロマンス」「夏の王様」「ね、がんばるよ。」や嵐の「Still...」「ROCK YOU」「風」(というかTime)とかNEWSの「渚のお姉サマー」「エンドレス・サマー」など。ジャニーズなつうたプレイリストを作るのが夢なほどなつうた好き。サザンオールスターズもTUBEも好き。

当時のわたしのTwitterの下書きが残っているんだが、「行き先はわからないままスタートする」「海を眺めながら、特に何もしゃべらずぼーっとしたい」「運転してる横顔を盗み見たい」「それがバレてなにみてんだよってちょっと照れてほしい」「疲れたらまたデートつれてってあげるって言って別れる」など迷走していた。当時の忙しさがよくわかる迷走っぷり。

ここで大事なのは、あまりに現実離れしたデートコース・内容ではなく、あくまでそこらへんのカップルでもしないくらい現実味があることが大事。

 

はしもとくんの国民的年下彼氏感がすごい理由は、現実味があるということである。

アイドルを生活感がある/なしで分け、さらにそこにプラスの感情をもつか/マイナスの感情を持つかで、全部で4パターンに分けられると思う。

例えばKinKi Kids堂本光一さんなんかは完全に生活感がない+最高というふうになる。

はしもとくんは生活感がある+最高という形になるのだ。みんな自担が宇宙で一番かわいいので、生活感があることに対して割とプラスの感情を持つと思うが、彼の生活感のリアリティーは他とはちょっと違うレベルなのだ。

例えるなら、明日入った居酒屋で、隣のテーブルが頼んだお酒が店員さんのミスで自分の卓に届いてしまい、とまどっていたところ「すみません、それ多分こっちのです」ってちょっと申し訳なさそうに笑ったその人がはしもとくんでも全然おかしくないってくらい、ちょっとおかしいレベルの距離感でリアリティーがあるのだ。

 

ちなみにわたしははしもとくんに対してリア恋枠で恋をしているわけではない。こんだけ妄想しといて何言ってんだって感じではあるが、リア恋枠に限りなく近いだけで、いざ本当に付き合える環境になっても付き合ったりはしないと思う。

でも彼はその笑顔や人懐っこさや時々すねるところや、ふと男の子になるところなど、典型的な弟タイプのスーパーイケメンで、歌が上手くて料理ができる、すきなものやことのためならいくらでもがんばれる、ごくふつうの男の子が、ジャニーズでアイドルをやっている。わたしたちの世界に住む一人の人間がアイドルという職業を選んだ、という事実を見させてくれる人なのだ。

 

正直、A.B.C-Zに対してもやもやすることもある。それはどのグループを応援していたって通る、仕方のない道だと思う。

2年連続でサマパラでソロコンサートをやらせてもらい、さらに国民的年下彼氏のすばらしさを痛感すると同時に、もやっとすることもあった。激やせしたり、ラジオでメンバーに対する不満を本人のいない所で言うのは社会人としてどうなんだと思うこともあった。明らかにやる気のないダンスや不機嫌が見て取れるような態度も好きじゃない。やっぱり自担にはいつでもかっこよく、プロとして完璧を求めたくなってしまうのがファンだと思う。

多分それはこれからも変わらないと思う。売れたからといってもやっとすることがなくなるわけではないから。

でも、彼はわたしたちと同じ世界線に住む、アイドルという職業を選んだ一人の青年なんだという事実がある限り、わたしは彼が完璧ではなくてもきっと幻滅したりはしないと思う。手を抜いていいとはまったく思わないけど、彼と同じ感覚で生きていきたい。

 

最近はTwitterでもさんざんつぶやいているように、KinKi Kidsに浮気ぎみなので、堂本さんたちを見ていて新しいアイドルのあり方を見られて楽しいし、嵐もこういう目で見るとまた違って見えるのかもしれないから、まだまだヲタをやめられないなと再確認した。ヲタは最高に楽しい。

遅れに遅れてMyojoを買ってきて、はっしーの一万字を今すぐ読みたいけど、ES締切が近いからES終わったら読みます…

*1:奥田英朗の小説。実写映画では上地雄輔が演じていた。ヒモではない

*2:バラエティなどにおけるキャラ的な話ね。中居パイセンもおっしゃっていた。

*3:と本人が言っている。事実、ジュニア時代にJ.J.Expressで一緒だったメンバーのほとんどはHey!Say!JUMPとしてデビューしている。

*4:元五関様担。とてもこわい。ただしヲタとして尊敬に値する。

*5:関ジャニ渋谷すばるさんと初対面で親友宣言をするなど

*6:機嫌のいいときとわるいときの差がある。色々ある。期限が悪いときはむすっとしていて、それはそれでかわいいけど、ちょっと複雑でもある。

*7:漢字書けない。なんならカタカナも書けない。ツとシがごっちゃ。ハッツーとかハシシーとかハシツーとか。言葉も知らない。

*8:わたし的リアルで言われると地雷な言葉ランキング上位

*9:実際風呂なんてシャワーあびて適当に洗うくらいだったけど、ちゃんとおふろにつかってる設定。リアルでやっていないことをバーチャルでやって満足する光一さんタイプの思考回路を発動させる。